ポエタロ~いのちの車輪をまわす言葉
5bd2951014444810af000abc 5bd2951014444810af000abc 5bd2951014444810af000abc 5bd2951014444810af000abc 5bd2951014444810af000abc 5bd2951014444810af000abc 5bd2951014444810af000abc 5bd2951014444810af000abc 5bd2951014444810af000abc

ポエタロ~いのちの車輪をまわす言葉

残り1点

¥3,850 税込

送料についてはこちら

内容:カード47枚 ガイドブック付き パッケージサイズ:H138×W100×D35[mm] カードサイズ:H126×W89[mm] 著者:覚 和歌子 監修:石川 勇一(相模女子教授) イラストレーター:大野 舞(Denali) 発行・販売:地湧社 タイトルの『ポエタロ』は、「ポエムタロットカード」を縮めた言葉。このシンプルにしてちょっと可愛らしい題名が象徴するように、47枚のカードにはシンプルかつ優しい詩文が書かれています。 著者の覚和歌子さんは、映画『千と千尋の神隠し』主題歌『いつも何度でも』の作詞を担当し、レコード大賞金賞を受賞された実力派の作詞家です。 覚さんは、詩(詞)というものは、本来は神仏に奏上され、神仏に賜る言葉、「祝詞」が発祥であることから、大いなる存在(誰の中にもいる”神さま”=真我)とつながるための言葉であると仰っています。 そこで、詩の文言が書かれたカードは、使う人の心ばえの誠実さ清らかさによっては、そのまま”言霊”という聖なるエネルギーをそなえることになると同時に、自己を見つめる媒介としても、存分に機能してくれるのではないかとの思いから、この『ポエタロ』を制作されたそうです。 カードの上に紡ぎ出された言葉たちは、誰もが何かしらに気づかされるような深遠さを秘めています。それらに秘められたメッセージに導かれ、自身の内面の深い部分と向き合うことで、“自分とは誰なのか”に気づくための旅に出ることができる、そんなカードです。